<<08 12345678910111213141516171819202122232425262728293010>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉じゃが発祥の地論争

肉じゃが は

海軍の父と呼ばれる東郷平八郎が生み出したのは有名な話です.しかし,正確には肉じゃががいつ,どこで初めて作られたのかは,はっきりしていません.

しかしながら,旧海軍港である広島県呉市京都府舞鶴市それぞれがが肉じゃが発祥の地であると主張しています!

広島出身の私としては呉だと勝手に信じていますが・・・

・肉じゃがが生まれたきっかけ
当時,脚気という病が海軍の中で流行っていました。
脚気は*ビタミンB1の不足が原因で発祥する病気です.海軍は海に出ることが多く,なかなか野菜を摂取できないために脚気を患ってしまうというわけです.

そこで東郷平八郎は野菜を効率的に摂取するために,保存のきく根菜を使用した料理を開発しました.

東郷平八郎は青年時代,イギリスのポーツマスに留学したおりに食したビーフシチューを元に,日本人好みにアレンジしたのが肉じゃが開発のきっかけとされています.

・なぜ発祥の地を二つの街が主張するのか?
東郷平八郎は呉に参謀役として,舞鶴には鎮守府長官として赴任しており,両市が発祥の地を主張したというわけです.

・現在この論争はどうなっているのか?
現在はお互い確固たる証拠があるわけではないので,お互い交流を深めながら,平和的に論争をしているそうです.

舞鶴市は「肉じゃがまつり実行委員会」を作り,東郷平八郎が留学したポーツマスと姉妹都市になっています.
また呉市も海軍のレシピから当時のままの肉じゃがを再現するなどのPR活動を行っています.

*ビタミンB1について知りたい方は過去ログの「疲労回復栄養素 ビタミンB1(チアミン)」をご覧下さい.


肉じゃが食べたくなった人は応援(クリック)よろしく~
スポンサーサイト

trackback

comment


<<梅ちり大根おろし HOME TOP ピーナッツアレルギーの少女,キスをして死亡>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。