<<08 12345678910111213141516171819202122232425262728293010>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舌から脳、甘いと苦いは別の場所に伝達

味の受容機構、特に中枢(脳)での味の知覚・認知に関する研究は
まだまだ発展途上です。

味の質の中枢での情報処理について、広島大学での研究により
新たな知見が得られたようです。

舌で受け取った苦味や甘味の情報が、脳の中ではそれぞれ違う場所に
つながっていることがマウスを使った実験で明らかにされました。

甘味やうま味味の識別に重要な役割を果たすとされる大脳皮質味覚野
前方に伝わり、苦味の目印は後方に伝わった。
情動をつかさどる扁桃体にも伝わったが、扁桃体の中でも味によって
伝わる場所が違った。これはおそらく甘味-快、苦味-不快という風な
メカニズムが脳において存在する可能性を示唆しています。


人気ブログランキングに参加してます。気に入っていただけたら、こちらをクリックお願いします。
スポンサーサイト

trackback

comment


<<マーガリン食べすぎ注意!? HOME TOP 睡眠不足は肥満のもと>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。