<<06 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠不足は肥満のもと

 睡眠不足は肥満を招くことが、数々の研究からわかっています。

 睡眠不足が続くと、空腹感をコントロールしているホルモンの濃度が変化し、
食欲が増進するだけでなく、食べ物の嗜好もより高カロリーで炭水化物を多く
含むものを好むようになります。

 睡眠不足が具体的にレプチングレリンという、空腹感をコントロールする
ホルモンの濃度を変動させる事が明らかになったのです。
レプチンは脳に満腹感を伝達し、グレリンは逆に空腹感を引き起こします。

 しかし、睡眠不足が交感神経の働きを亢進させ、その結果満腹感を伝達する
レプチンの分泌が抑制されることが示唆されてはいますが、実際に睡眠時間が
ホルモンの濃度を変化させるしくみはまだ解明されていません。

 もちろん惰眠をむさぼるような生活を送っていれば、睡眠不足じゃなくても太るので
注意しましょう♪
自分にとっての適切な睡眠時間と生活リズムを維持することが重要です。


人気ブログランキングに参加してます。気に入っていただけたら、こちらをクリックお願いします。
スポンサーサイト

trackback

comment


<<舌から脳、甘いと苦いは別の場所に伝達 HOME TOP 豚肉のブレゼ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。