<<08 12345678910111213141516171819202122232425262728293010>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

匂いの不思議 プルースト効果

昔嗅いだことのある香りを再び嗅いでその時の記憶が鮮明に思い出されることって
ありませんか?
私は日本酒(鬼殺し)の匂いを嗅ぐと、先輩の家のトイレを思い出します。
鬼殺しの飲みすぎで、先輩のうちのトイレで吐きまくりました・・・

この匂いの現象をプルースト現象と言います。
マルセル・プルーストの代表作「失われた時を求めて」の文中において、
主人公がマドレーヌを紅茶に浸し、その香りをきっかけとして幼年時代を
思い出すという描写を元にして、名づけられました。

嗅覚の神経は五感の中で唯一、大脳新皮質と経由せずに
海馬や扁桃体に繋がっています。

海馬は記憶に、扁桃体は情動に関係している脳の部位です。
思い出の香水を嗅ぐと脳の扁桃体の部分も活性化するのに対し、
初めて嗅ぐ香水では活性化しないといった脳神経学からの報告もあります。

まだこのあたりの脳のメカニズムは完全に解明されているわけではありませんが、
匂いがヒトの記憶や情動のメカニズムと強く関係していることはあきらかです。
その匂いの影響は他の感覚よりも強いことも証明されています。

プルースト効果とは異なりますが・・・
昨年あたりのベイリーズのCM覚えてますか?
このCMでは記憶を失った女性がカウンセリングうけています。
その女性は名前を含め、何も覚えていないのですが、
自分が仲間とベイリーズを飲んで楽しむ写真を見て、ベイリーズの
芳しい香りを思い出します。しかしそれ以外はやはり何も思い出せず・・・
というCMです。
このCMはヒトの匂いに対する記憶力の強さを表していますね。

このような匂いと記憶・情動との関係を表現している場面は映画やドラマなど
によく出てくるので、探してみて下さい!
またプルースト効果体験談ありましたら、ご報告下さ~い!


人気ブログランキングに参加してます。気に入っていただけたら、こちらをクリックお願いします。
スポンサーサイト

trackback

comment


<<豚肉の小判焼き HOME TOP ビール生産量2004>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。