<<10 12345678910111213141516171819202122232425262728293012>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスの歴史(古代編)

代のアイスクリームは、今のシャーベットのようなもので、
お菓子としてではなく疲れた身体を元気にする「健康食品」として
利用されていました

氷雪の利用ははじめ、食品を保存するためでした。
雪や氷を冬に貯蔵しておき、夏に食べるようになりました。
そして、兵の士気を鼓舞し、肉体を元気付ける健康食品として
利用されていました。

ローマの英雄ジュリアス・シーザー(BC100~44)がこの氷や雪を
健康食品としてではなく、純粋に嗜好品として求めました。
乳や蜜、ワインなどを混ぜ、冷やして飲んでいたと伝えられています。

暴君で名高いローマの皇帝ネロ(37~68)は、
アルプスから奴隷に万年雪を運ばせ、バラやスミレの花水、果汁、
蜂蜜、樹液などをブレンドして作った氷菓『ドルチェ・ビータ』
愛飲していたと言われています。この『ドルチェ・ビータ』は、ローマ市民の
間にも広がり、裕福な人々はそれぞれの自宅に氷の貯蔵庫を設け、宴会などで
楽しんだと伝えられています。

また、ローマの将軍クイントゥス・マキシマス・グルゲオの文献には、
氷菓の製法が記され、最古のアイスクリームのレシピと言われています。
中近東、アフリカ、ペルシャに及ぶ大帝国を樹立したアレキサンダー大王
(BC356~323)
は山から奴隷たちに氷雪を運ばせ、果汁に糖蜜を加えた冷たい
飲み物を戦場で兵士たちに与えました。
また、大王自身もミルク、蜂蜜、ワインなどに氷を加えた飲み物を好んだと言われています。

調べてみると、アイスには長きに渡る歴史があることを知りました。
一日では書ききれない・・・
続きはまた明日。


人気ブログランキングに参加してます。気に入っていただけたら、こちらをクリックお願いします。

スポンサーサイト

trackback

comment


<<アイスの歴史(日本編) HOME TOP 妊娠中に過剰節食、太りやすい子に…>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。