<<10 12345678910111213141516171819202122232425262728293012>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉野家の牛丼復活か

吉野家の牛丼が来年2月に復活するかもしれないと吉野家ディー・アンド・シーの安部修仁社長が発表した。
8月の中間決算によると、関係会社売却損のよる減損損失により、赤字となったが、連結営業利益が、前期の二十六億円の赤字から七億円の黒字に転換している。業績は改善しているといえる。
エース(牛丼)不在でも十分、他社と渡り合える状態になったと言える。

どうやら定食メニューの導入で、客単価が上がったことやメニューの豊富さなどが業績改善につながったと考えられている。

牛丼復活もこのあおりを受けてのものでしょう。

しかし、輸入が解禁される牛は月齢20カ月以下に限られるため、流通量は禁輸前の16%程度になるという。
このため牛丼並が1杯280円より高くなると考えられている。
さらに、数も限定される可能性があるだろう。

ライバルの松屋は中国から加熱処理した牛肉を輸入し、ゼンショーが展開する「すき家」もオーストラリア産牛肉を使って、牛丼を再開している。

大まかな記事にMyClipにてリンクを貼っています。

それにしても吉野家の牛丼も、日清のカップヌードルマクドナルド、なみに人々の常食となってるように感じます。

吉野家の牛丼ももはや日本人にとって、「定期的に食べたいもの、たまにむしょうに食べたくなる」といった食べ物の代表的なものと言えますね~。


人気ブログランキングに参加してます。こちらをぜひぜひクリックお願いしま~す!

 
スポンサーサイト

trackback

吉野家 来年牛丼復活?

牛肉輸入が再開されるなら最短で一ヶ月半後、牛丼販売を再開できるよう準備を進めている。7日吉野家ディー・アンド・シーの安部修仁社長が、2005年8月中間決算発表会見で語った。試算してみると早ければ来年2月には牛丼と店頭で会えるかもしれない。これまで吉野家では涙ぐま

吉野家の牛丼が来年復活

「吉野家の牛丼が来年復活」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。...

comment


<<八昌 お好み焼き(広島) HOME TOP ショパン 第7番 重ねクレープとノアゼットが香る キャラメルショコラ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。