<<10 12345678910111213141516171819202122232425262728293012>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギー食品表示義務

実は食品添加物などには表示義務はありませんが、アレルギー原因物質の5品目だけは表示しなければなりません。

小麦、卵、乳、そば、落花生5品目です。これらは特定原材料と呼ばれています。

特定原材料に順ずる可能な限り記載する食品が19品目あります。それが・・・
アワビ、イカ、イクラ、エビ、カニ、サケ、サバ、オレンジ、キウイ、クルミ、モモ、リンゴ、大豆、マツタケ、ヤマイモ、牛肉、豚肉、鶏肉、ゼラチン

しかし、しっかりと原材料を明記している商品には上記19品目もしっかりと,記載されていると思います。これが製造側の原材料表示に対する意識が高いか低いかを判断する一つの指標とすることができると思います。


人気ブログランキングに参加してます。気に入っていただけたら、こちらをクリックお願いします。

スポンサーサイト

我輩:
なんかこんな感じのものをメニューごとに書いた表がガストにあると聞いたことがあります。
館長:
チェーン店ならどこの店でも、いちおうそういうものは用意しているらしいです。
ただ、まったく活用できていないという話もちらほら・・・
例えば、店員にアレルギー食品がメニューに入ってないかを聞いてもわからないとか、店員が誰もその表がどこにあるのかわからないといったようなことがあるようです・・・

trackback

comment

なんかこんな感じのものをメニューごとに書いた表がガストにあると聞いたことがあります。

  • 2005/10/28
  • 我輩
  • URL
  • edit

チェーン店ならどこの店でも、いちおうそういうものは用意しているらしいです。
ただ、まったく活用できていないという話もちらほら・・・
例えば、店員にアレルギー食品がメニューに入ってないかを聞いてもわからないとか、店員が誰もその表がどこにあるのかわからないといったようなことがあるようです・・・


<<味のなんでも小事典 HOME TOP 変わる家族、変わる食卓 ―真実に破壊されるマーケティングの常識>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。